当院の治療方針

皆さまの健康でしあわせな生活のお手伝い。

それが当院の願いです。

人間に本来備わっている「自然治癒力」~こころとからだをより良い状態に導く素晴らしい自然の力を引き出す~ために西洋医学に基づいた検査法、解剖学、生理学、病理学に基づきながら東洋医学に則った鍼灸治療を行っています。

東洋医学とは、大きく言えば自然哲学の思想です。人間は大宇宙のなかに生きる人体を小宇宙ととらえ自然界と人体との相関関係の中に健康としあわせの要点を見出してきました。

そこには現代の私たちの生活が忘れ去った大事なことがあります。


複雑な人間関係、明日への不安、日々のストレスに悩まされ、生きていく上で欠かせない水・空気・食糧の心配までせざるを得ない昨今。

大気は汚染され、安全な水を確保することに気をつかい、農薬の心配をする時代となりました。

そんな時代を元気に過ごすために、健康でより良い明日を生きるためのお役に立てる"伝統的且つあたらしい鍼灸"を提唱しております。


適応症例

WHO(世界保健機構)は、49疾患を適応疾患としており、一般的には、次のような疾患を鍼灸の適応疾患としています

神経系 神経痛(三叉、肋間、坐骨など)、頭痛、歯痛、
ヘルペス、顔面神経麻痺、しびれ
運動器系 肩こり、寝ちがい、むちうち・鞭打ち・ムチウチ症(頚椎捻挫)、
頸肩腕症候群、 いわゆる五十肩、テニス肘、腱鞘炎、腰痛症、
ギックリ腰、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、関節炎、
関節リウマチ、筋肉痛、捻挫など
消化器系 胃炎、胃下垂、胃酸過多症、胃痙攣、胃・十二指腸潰瘍、
口内炎、慢性肝炎、胆石症、慢性腸炎、便秘、下痢、痔など
循環器系 高血圧症、低血圧症、心臓神経症、動悸、浮腫、冷え性など
内分泌系 糖尿病、甲状腺機能障害、痛風など
呼吸器系 風邪、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、喘息、咳など
泌尿器系 慢性腎炎、膀胱炎、ネフローゼ、前立腺肥大など
感覚器系 眼精疲労、仮性近視、白内障、鼻炎、副鼻腔炎、
耳鳴り、メニエール症候群、めまいなど
婦人科系 生理痛、月経異常、乳腺症、更年期障害、冷え、のぼせ、
つわり、逆子、産後の回復など
小児科系 小児喘息、夜尿症、夜泣き、かんの虫、消化不良、虚弱など
その他 自律神経失調、不眠症、ストレス性疾患、心身症、アレルギー、
アトピー性皮膚炎、慢性疲労、花粉症、成人病の予防など
 

このページの先頭へ